11/9、上棟式いたしました。

本日をもちまして、当BLOG(掲示板)を終了したいと考えております。

| | コメント (65) | トラックバック (0)

フレーミング始まったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地盤改良始まった模様です。

工期は3日間。

なぜなら、今週末よりエバーグリーン中曽根の住宅展が開催されます。

今月は、地盤改良のみです。

基礎工事は来月より行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/5 地鎮祭を行いました。

我が家の家族とRFS(株)から、担当と設計と現場監督が参列して地鎮祭を行いました。

今月は、地盤改良のみの工事予定で本格的な基礎工事は10月初旬からの着手となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月着工予定

11月末に竣工させる為に7月着工させたく思います。

(訳はありますが、誤解を避ける為スルーします。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本契約完了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これからは、掲示板として使います。

というわけで、連絡掲示板としてのみの活用ですのでコメントは一切ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイトルなし

わたくしの言動にて不快に感じられた方々にはこの場をかりてお詫び申し上げます。

勝手ながら本日をもって家づくりの当ブログは終了したいと思います。短い間でしたがご覧下さりありがとございました。

リンドバーグ@ハリントン

| | コメント (9) | トラックバック (0)

トクゾー氏VSリンドバーグ② 24H全館換気システムについて!

RFS大阪千里のトクゾー氏との電話談話第二弾です。(構造見学打ち合わせより勢いで聞いてみましたシリーズです。)

夏季の室内湿度を下げ「カラット」とした体感としたい為1種換気システムの方がいのかな?と考えたりしておりましたが、人の快適体感湿度は45%~55%と言われているので3種換気システムよりもいいが1種換気システムでもそのレベルには達することは無理でいずれにしてもエアコンでの除湿が必要では?とのアドバイスを頂きました。

伺った時はまた3種換気システムへ気持ちが傾きましたが、今はまた1種換気システムでいきたい気持ちの方が強いでしょうか?メンテナンスが楽(維持管理のし易さ)であるのと部屋ごとに貫通の穴を開けたくないことでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「RFSオーナーズ暮らしの中のオフ会2.21」を終えて

「RFSオーナーズ暮らしの中のオフ会2.21」の報告です。

今回は、ブログでお知り合いとなり滋賀県の新居建築中のコルプさま邸の構造見学にお邪魔いたしました。往復500kmもありましたが、気にせず行きました。午前中は福井のM.Hで我が家のラフプランのD.L(ダイニング・リビング)の寸法を測って空間の雰囲気を確認していました。(D.Lを広く取る名案が浮かんだのでプラン取り入れればと思います。)

キッチンハウス社製のキッチンは非常によかったので選択肢のひとつになるでしょうがあくまでH.T.Hが第一希望ではありますが・・・・・・。それに、和室の収納に関していい案がありましたので取り入れればいいかな?と思いました。吹き抜けについては我が家には完全不向きであるということがわかりましたので良い確認ができました。(RFS大阪千里同様相当響くので)

なんだかんだしていますと、昼頃になり慌てて滋賀にむかいました。

コルプさま邸の住所しか聞いておらず、ナビなしではさすがに分からず予定の時間PM2:00は過ぎて焦りましたがグルグル市内を走っているうちにあらまぁ、「RFS」養生幕が見の前にあるではないか。しかし、1時間遅れでの到着となりました。

kenken店長と挨拶して早速構造を拝見となりましたが、「店長はいい体格と聞いていたのに意外とスリムボディで」・・・・・・・。

確認出来たことは・・・・パネルの留め方(両面)や2階床の受け方や補強床と通常床の違いや開口部(大きさによっての)の梁の位置及び径状や屋根材のフレ止め材の位置に屋根の吹き上げにたいしての補強材の場所と荷重と外力をどのような構造構成で受けているか確認できたような?感じです。窓枠の吹き込み防止水切りシート(黒色)のたらす長さとか気密シートなどの現物を触って見れました。(シャングリ・ラさまのブログの投稿コメントより抜粋)

構造を見ているとコルプさま夫妻が「飛び入り」ではなくご挨拶に来られましてありがたいことです。それからは、kenkenさんはほったらかしでコルプさま夫妻とお互い図面を見せながらの「こだわり合戦」でしが、軍配はコルプさまでありました。

中でも、収納に対するこだわりは並々ならぬものがおありでわたしはただ拝聴いたすのみでありました。明かりの考え方は我が家と一緒であり「必要なところにのみ」照らすということでした。白熱灯と蛍光灯の使い分けの考え方も聞かせて頂き我が家もコルプ邸に習い考慮したいと思いました。

辺りがはや暗くなったのお互い「エール」の交換がてら、竣工したら見学に伺いましょうということで我が家は退散です。

間取り的にも参考にもなりインスピレーションを頂き来た甲斐がありました。今月は、オフ会の日程はありませんのでゆるっりと次回打ち合わせまで準備をしたいです。

| | コメント (51) | トラックバック (0)

安心の生命保険とは?

家づくりにおいては生命保険も見直す必要があると常々思っております。

当然、加入しているだけではダメだと考えております。本当の安心はいざという時に使える保険でなくてはいけませんが、保険加入世帯は全体の9割にも上がるとも言われおりますが「取り合えず入っておけば安心」と考える人も多いのではと思えます。

本当の安心の確保とは?

保障額以上の保険に入っていないか保険の中身を確認し、より確実で安心できる内容にしたいものです。

ちなみに我が家はソニー生命です。収支をマネーライフコンサルトとして生活と保険のバランスをコーディネートして頂いております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチンは道具か?それとも家具か?

本日は、キッチンを見に金沢市にあるハートハウスへ見学です。我が家のキッチンの候補のひとつにキッチンハウスも入れたい程しっかりした作りでしたが、このお店は北陸では珍しくキッチン専門店です。

正直、富山市にもキッチンハウスの提携店はありますがハートハウスのこだわりように惹かれての来店です。きのうの滋賀のコルプ様邸の報告は後日で

キッチンは道具?家具?で分ければハートハウスの考えは道具となるようです。家族の為に毎日使う道具で健康にも関わります。収納にも考えがおありで、食器などは3歩以内で収納できるように配置を考えことで片づけが苦にならず出来る持論があるようです。

ハートハウスのスタッフにはキッチンスペシャリストなる有資格者や2級建築士や色彩コーディネーターにI.Cなどおられておどろきました。言い忘れてましたが、22年間キッチン専門店として地域に貢献しているショップでメンテナンスも行う安心できるお店でした。取り扱いブランドは基本的にメンテナンス対応できるものでキッチンハウス、オートモービル(イタリア)、ミーレー(ドイツ)、AEG(アーエーゲェーと読む/ドイツ)など

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トラディショナルへの想い

我が家のプランは簡単に説明すると北欧トラディショナルになります。というか目指しています。正直、イメージ先行で実生活にそぐわない部分もありもっと現実的にする必要がありそうです。

シャングリ・ラ様邸を先週拝見し、きょうはポチ様邸の間取りを拝見すると特に考えさせられました。プランがイマイチしっくりこないのはSTORAGEが取れていないのは問題かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RFSオーナーズ暮らしの中のオフ会2.21

明日は、滋賀県のコルプ様邸でkenken店長直々の個別構造説明会に参加します。

これも、コルプさんとkenken店長のご好意で実現となりましたので感謝です。

上棟はまだのようで構造用合板のみで断熱材はまだ充填されていないようですが、現場を拝見できるので価値アリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トクゾー氏VSリンドバーグ① 床仕上げ材としてのタイルの貼り心地

RFS大阪千里のトクゾー氏と電話で意見を伺いました。

床にタイルを貼るとなるとここ北陸では冷たいかな?という単純な疑問をしてみました。

トクゾー氏の見解

「冬の室温20℃と仮定すると、足の体温は36℃なので普通に考えて冷たさには個人差はあるでしょうが冷たく感じるが程度が問題になりそうですね。」

我が家は家中は年中素足で過ごすことを前提で床仕上げ材を選定中

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«構造見学について!